住まいでもらえるお金とは

希望と費用を考える住まいのリフォーム

たとえ新築の住まいであっても長年住んでいると経年劣化が気になったり、もっと使い勝手が良くならないかと考えるようになります。そんな時はリフォームがひとつの手段になります。例えば老朽化したキッチンをシステムキッチンにリフォームしたりガスコンロをIHコンロに変えるだけで使い勝手がまるで違ってきます。さらに色の統一感を持たせたり、タイル張りをクロス張りに変えることでキッチンの雰囲気を明るくすることができます。また窓を作ったり余計な壁の部分をはずすことで採光、通風を良くし、風通しの良いキッチンにすることもできます。またトイレの場合は和式から様式に変えるリフォームが多いのですが、バリアフリーも考えて入り口の段差を無くしたり、お掃除がしやすいようにビニールクロスを使用するなどしてより快適な空間に変えることができるのです。

これらのリフォームですが、気になる費用はというとキッチンで50万円から300万円、トイレで20万円から100万円といったところです。勿論リフォームで済む場所や、との程度リフォームするかによっても費用は変わってきます。言い替えれば「リフォームには定額が無い」とも言えるのです。また「こんな風にリフォームしたい」と考えていても構造上実現できない部分もあります。そのため専門業者の見積もりは欠かせません。現地調査で見積もりを依頼し、自分の希望と実際にできること、そして費用を総合的に判断することが大切です。