住まいでもらえるお金とは

住まいの地帯について

国内における住まいの地帯は、当然ながら一つだけではありません。いくつかに分類することができます。まず、都心の高級住宅地についてですが、都心とはその名の通り都市の中心地帯のことです。都心の中心部は、日中と夜間の人口の差がかなり大きく、定着人口も比較的少ないと言われており、ビジネス街と呼ばれることも多いです。このエリアには、大型百貨店や大企業の本社ビル、銀行や娯楽施設や高級品を専門に扱う店舗が多く存在し、立法と司法と行政の各官庁もたくさんあります。当然ながら、こう言う場所の土地は驚くほど値段が高く、故に高級住宅地と言われているのです。

ですから、よっぽどの富裕層の人しかそこに家を建てることはできません。そう言うこともあって、多くの人は郊外に住むことになります。極端に言えばですが、便利な場所と便利ではない場所なら、後者の方が土地の値段は安くなります。では郊外は便利ではないのかと言うと、今の時代は郊外でも不便を感じることは少ないです。交通網が発達しているのですから、郊外から都心に出るのもすぐです。しかも、都心ほど喧騒に悩まされることも無く、土地の値段も安く都心にも行きやすいなら言うこと無しと思います。