住まいでもらえるお金とは

犬の躾にも繋がる住まいのゾーニング

犬は群れで暮らす動物で、お互いの間に上下の主従関係を作ります。自分が上だと感じてしまうと、下だと判断した相手の言うことは聞かなくなります。これは彼らの祖先であったオオカミの時代の自然界では良かったのかもしれませんが、現代のペット動物である犬になると住まいの中では厄介なことになります。というのも、一度飼い主を自分より下の相手だと判断してしまうと、その後飼い主の言うことを聞いてくれなくなる可能性が高いからです。特に多いのが、ペットの犬と同じベッドで寝てしまう癖をつけたら、主従関係が犬が1番、家族がその下、という関係になってしまったというケースです。一緒に寝てしまうと、自分の方が上だと考えてしまうケースは結構多いです。

犬の躾のためには住まいのゾーニングを事前に考えておくと良いです。ゾーニングというのは、空間を用途によって分けることです。ゾーニングのコツとしては、犬が自由にして良いゾーン・飼い主と一緒ではないと入れないゾーン・犬が入ってはいけないゾーン、の3つに区分けすることです。こうすることで主従関係をはっきりさせやすくなります。また、お風呂場など飼い主と一緒ではないと入れない場所を作ることで、怪我などのトラブルを回避しやすくできます。