住まいでもらえるお金とは

核家族の住まいが増えている

昔は、親世代と同居をしている人が多かったですが、最近は、親と同居をしている人が少ないです。そのため、親と子供だけの核家族が多いです。昔は、長男が家を継ぐことが当たり前であり、大学に進学したとしても、就職で地元に戻っていました。結婚をすると、妻も同じ家に同居をするのが普通でした。しかし、現代は、大学に進学をしたらそのままそこで就職をして、地元に帰ってこない人が増えています。都会には、就職先を探すときに、たくさんの会社がありますが、地方の地元だと、就職先がなく、せっかく大学で学んだことが無駄になってしまいます。

そのため、どんどん地方では過疎化が進み、高齢者の一人暮らし世帯が増えています。一人暮らしだと、家が古くなっても直すこともせず、そのまま住んでいる人が多いです。高齢になり、一人暮らしが大変になったら、有料老人ホームに入所する人もいます。住まいを変えたくないと思うお年寄りの人も多いですが、地方で一人暮らしだと、買い物も行くことができず、病院へ行く時なども困ってしまうので、有料老人ホームの方がとても快適です。有料老人ホームは、24時間スタッフが常駐しており、何かあった時はすぐに部屋のボタンを押すと来てもらえます。