住まいでもらえるお金とは

住まいのお金というものは

住まいのお金というものは、住居費、というものなのですが、これが意外と高くなります。割合でいいますと二割以下にしておきますとかなり生活が安定します。具体的にいいますと三割を超えますと非常に厳しいことになります。マンションでもアパートでもいいのですが、大体、二割にしますとかなり楽をして住むことができるようになります。但し、住宅ローンなどはさすがに収入の三割以下、ということは非常に難しいです。これはある程度は覚悟しておくべきです。基本的には賃貸というのは、財産にならないのですから、少しでも抑えたほうがよいのです。しかし、住宅を買った場合のローンは住居費が多少高くなってしまうのは仕方ないことであるといえます。二十年なり、二十五年なりのローンを超えれば後は支払いの必要がなくなるのです。

これは良いことであるといえます。買うメリットはそこになります。しかし、借りることにもメリットがあるのです。買うかどうかはよく考えて決める必要があります。逆を言えば、買うか迷った場合は、借りておいたほうが良いです。それが無難であるといえます。住まいというのは、快適であったほうがよいですが、それ以上に住宅費も重要であるといえるのです。